【面白】50代あるある50音〜か〜【思い当たる?】

今回は50代あるある50音〜か〜行編をお送りしたいと思います。ちょっとした暇つぶし?になれば幸いです。息抜きにどうぞ(^^♪

それでは、50代あるある50音〜か〜行編スタート!

か…こを振り返る時間が増える

昔はよかったなあ…

ああ、あの頃はもっと…

もしもあの日あの時あの場所で…と歌の歌詞みたいになってきましたが、50代ともなると様々な選択をしながら今日に至るわけで。

そんな日々を、懐かしく「思い起こせば…○△□×…だったわねえ」としみじみ物思いにふけってしまうそこのあなた、

「あの頃はこんなじゃなかった…」と、うるうる悲観してばかりいると老け込むばかりですよ~

今は本当に50代!?と疑いたくなるような若見えする方もゴロゴロしています。

昔ばかり懐かしんでいないで脳トレなどして、まずは脳の若さだけでも保ちましょう(笑)

き…おくが薄れる

きちんと覚えていたはずなのに、最近物忘れが激しいかな…。そんな場面にも出くわすようになる50代。外出したてで、戸締りは?ガスの元栓閉めた?なんて不安になったり。

それもこれも自分が行動したことへの記憶が伴わなくなってきているから。

人の名前も出てこなくなる?

待ちで久しぶりに友人に会っても、なかなか名前が思い出せず奥の手を使ったり→「ねぇねぇ学生の頃のあだ名ってなんかついてたっけ?」なんて具合にね。

電話でも「○○だけど、久しぶりー」とか、突然言われても全然名前が出てこないことがあり、○○ちゃんの○○(名前部分)だけ、小さな声で言ってごまかしてみたり(;^ω^)

50代は記憶の引き出しがいくつもあって、どこにしまったか…ときどき整理しないと自分でもわからなくなって来ちゃいます。

そうならない為に、日ごろから記憶訓練をしましょう♪

 

~お薦めの記憶訓練~

 

1.朝ごはんは何食べた?からさかのぼって昨日の朝や昨晩のメニューなどを思い出す

 

2.歌を覚えて歌詞を見ずに一曲歌いきる!(スマホの録音機能で後から歌詞と照らし合わせてチェック)

 

3.雑誌やテレビなどに出て来た芸能人の名前をフルネームで言い当てる(家族や友人とするのもok♪)

4.紙に文字を書く!(スマホなどのメモ機能も便利ですが、書いて記憶する作業は記憶の上塗りが出来るのでおススメ)

5.動かしながら声に出して記憶する!(なにかを記憶したい時に、身体を動かして記憶すると覚えやすい)言葉と手の動きを連動させたり、体の一部分を使って動かすなどして言葉を発してみて下さいね♪

 

 

え!?物忘れしたことすら忘れてる!?

こうなるともうボケ老人かと思う領域かと思われるかも知れませんけど(笑)

そこまでは行っていないとは言え、少なからず物忘れを経験する日常に出くわしていると思います。

昔は50代と言うと初老と呼ばれていた(寿命が今より短命だったため説)ので、少々の物忘れなど驚かれなかったかもしれませんね。

 

 

おめがさん

ずっと聡明でありたいアナタへ

 

 

く…ちぐせがおばさん

おばさんの口癖と言って思い浮かぶ代表格は「よっこらしょ・よいしょ・どっこいしょ」でしょうか。まあ私は若かりし頃から使ってましたけどね(笑)

 

 

どんな時に使うのかと言うと、寝具や椅子などから起き上がる際や、車の乗り降り時などに使う事が多いですよね。

 

これはもはや応援!そう、言葉の後押しです。

 

そこには、動きたくないけれど…やがんばって動こうかと言う意識が働いていると思われます。そこでよっこらしょです。この言葉を自分にかける事によって、シンドイ体勢や気持ちが分散され、少しだけラクに動き出せる気分になれるのです。

つまり気休めの言葉を吐き、体にムチ打って力を出そうとしているけなげで涙ぐましい動作なのです。そこを理解してほしいですよね!(←適当見解)

ただ、聞いてるほうとしたら、おばんくさい(←この死語を使ってる時点で、おばさん確定だが)と思ってしまうのでしょうけど(^^;)

 

その他のおばさんだと思われる口癖はこちら↓

  • 「わたしたちの頃は…」時代や昔の話をしたがってウザい←つい話したくなるのよね(^^;)
  • 「もうおばさんだからあ~」←はぁ…謙虚さを演出して下手に出てるのが分からない?と反論している方もチラホラ。実際は否定されるのを待ってるの?と思われるらしいから気を付けたい。

け…も老化

皆さんはご存知でしたか?

毛の老化は、なにも頭髪だけではないんです。そう、毛のあるところに老化も付いて回るんです!

鏡を覗いてショックを受けた方もいると思いますが、マツゲや眉毛は通常黒いですけれど、これが老化すると白い毛が混じるようになります。

お察し良い方ならお気づきでしょう。

そうですそうです。

毛のあるところですので、もちろん脇やアンダーヘアーにも出現します。

このように、あまりマジマジと見ない部分にまで見つけたりすると、

あの幼い頃、四葉のクローバーを見つけたときのように、ハッとしてグー!(古っ)

そう嬉しくて(≧∇≦)だれかに見せたく…なるかーい( ̄▽ ̄;)なりませぬ。

こ…の前がだいぶ前

ついついこの前と言ってもかなり前の事を、ついこの前体験したかのように話してしまうらしい。

らしいというのも、自覚が無いから。でも自覚が無いだけで、もしかしたら話しているかも知れない(もう疑心暗鬼)笑

パソコンなんて、ついこの前買ったばかりだから最新よ~と思っていても日進月歩なこの業界、半年前はもうひと昔前と言う認識に。

免許の書き換えや更新も、何事も無ければゴールドで5年ごとですが、この5年前の事でさえ「この前の更新の時は~」とか言っちゃいます(あ、やっぱり言ってたわ笑)

まあ冗談はさておき、歳を取ると時間の感じ方が若い頃に比べて、足早に感じますよね。

この考え方ジャネーの法則からのモノとして認知されていますよね。されている事実ですから、気づいたら「え?もうそんな(月日)経ってた?」なんてなるのも仕方ないのかも知れません。

それでも、「この前は…」と前置きして話す場合は、念のためいつの事だったか一旦、記憶を整理してから話すと良いかも(めんどくさいけど!笑)

編集後記

50代の日常にみる、あるあるを50音の「か行」で今回はお送りしてまいりましたが、いかがだったでしょうか。こうして時々、50音の言葉つなぎは脳トレにもなるのでお薦めです。あいうえお手紙のように頭文字からの連想ですね。また折を見てこの続き(次は、さ行)をアップしますよ~。

それでは最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

 

おすすめの記事